情報公開法に基づく
法人文書ファイル管理システム

独立行政法人など機関の保有する文書ファイルの公開を支援します

 情報公開法の施行に伴い、官公庁・自治体、独立行政法人他にとって重要な業務の一つになっている作成文書の電子化、情報公開を支援するシステムです。管理される文書情報はWeb上で検索、閲覧可能です、ローカルで文書管理としても利用することが出来ますが主にWeb情報公開に利用され、従来の高額なシステムに比較して合理的なシステムの機能と共に運用のお手伝いなどをご提案するものです。

1.特徴

1)ホスティング形式のシステム運用
 当社でサーバーを管理運用します、これまでのような運用部門との折衝予算の必要がありません。
  当社のサーバーセンターで運用を行います。お客様はURLリンクを使用するだけでシステム運用の手間が一切掛かりません


2)データ投入の煩雑さは当社で解決
 EXCELデータを受け取りデータベース構築を行います。これまでのような総務部でのデータ処理の知識は必要ありません。


3)全文検索データベースの優位性
  自社全文検索エンジン「HiBase」の利用により他一切のソフトウェアライセンスが不要です。

4)移行
  これまで利用していた文書管理簿のデータはそのまま利用、当社で稼動までサポートします。

6)機構様向け機能(複数機関の集約、個別検索)
   機構機関では複数の研究所などこれまで独自に管理簿をお持ちで稼動させておられた経緯
   がありますが、現在機構への集中化によるコスト削減が多くの機構様で進んでいます。
   機構様で研究機関のデータを集約し、研究機関指定での検索が可能な当システムではコスト
   にも一役かっています。

2.導入のメリット

 (1)コストメリット
  コストのかけられない部分には必要機能で最低限の内容がクリアできれば良いのではないでしょうか。

 (2)煩雑な作業からの開放
  事務部門で担当する情報公開、システム管理の煩雑さと共にデータベースの扱いなど困難な
  ものばかりです、EXCELのデータを提供いただくだけで稼動までホロンが作業いたします。

 (3)従来システムの出力を利用
  従来システムからの出力もしくは利用したEXCELファイルから読み込み直ぐに稼動を開始できます。

 (4)ホスティングサービス
  マシンの運用、維持の経費はとかく大きくなりがちです。マシン環境、ネットワーク環境、管理維持
   と当社で一切をお受けしています。最終的には元データの管理とサイトURLからのリンクで済みま
   す、フレーム構造にすることでURLヘッダも独自のURLのままでの表示が可能です。

3.導入実績
   2005年7月時点で3機構5大学で受注稼動中(一部テスト稼動)

.動作環境
 Webブラウザー

 

 .価格

システム導入:

機構様:2100,000円
大学様:1,100,000円


運用費用:

年間ホスティング契約(360,000円)
マシン、回線、環境等運用業務一式を請け負います。

 

6.お問い合わせ・資料請求

  ホロン株式会社営業部

  川崎市麻生区上麻生1丁目10番6-207

  電話 044-873-2080  担当:金納(きんのう) メールによる問い合わせ

7.実績

 大学共同利用法人 情報・システム研究機構  様

 大学共同利用法人 自然科学研究機構 様 

 大学共同利用法人 人間文化研究機構 様 

 国立大学法人 静岡大学 様

 国立大学法人 東京芸術大学 様

 国立大学法人 東京海洋大学 様

 国立大学法人 群馬大学 様

 国立大学法人 京都工芸繊維大学 様

 他準備中

   法人文書ファイル管理システムカタログ(PDF)

   大学法人様向けご提案(PDF)

   稼動実績のご案内(PDF)

 

 

イメージ図:検索TOP画面

          

イメージ図:検索結果リスト画面

          

イメージ図:詳細表示画面

          

 
     

Copyrights(C):2002 HOLON inc All rights are reserved.